自己分析.com トップページ >> 就職活動Q&A >> スーツの選び方(男子学生)

スーツの選び方(男子学生)

就職活動中に欠かせない、リクルートスーツ。サイズ合わせや靴やバッグも併せて揃えることになります。特にスーツはサイズを合わせる必要があるので、直前に慌てなくてもすむよう余裕を持って準備しておきましょう。身だしなみに自信が持てれば、気持ちが落ち着き、本番の選考に集中できます。

ここではどんなものを選ぶか、身だしなみを含め、ポイントをご紹介します。

<ポイント1:サイズと清潔感>
スーツを着慣れないのは仕方がありませんが、サイズが体型に合っていないものはNGです。また、ヨレヨレなものやシワがあると一気にだらしない印象を与えてしまいます。手入れをきちんとして、パリッとした清潔感のある身だしなみで臨みたいところです。

 

<ポイント2:とにかく無難なものを選ぶ>
アパレルなど一部の業界以外は、個性的なデザインや服装を避けたほうが無難です。どんな面接官に対しても「マイナスの印象を与えない」
ということが大切です。

【髪型】
清潔感が大切なので、ボサボサや寝ぐせはNGです。髪の色は黒くしておき、短くさっぱりとしておくのが無難です。

【顔】
ヒゲはきちんと剃っておきます。眉を細くしすぎないこと。

 

【スーツ】
シングルのスーツが基本。濃紺がグレーのものを選びます。サイズをきちんと合わせておきます。ズボンの折り目がしっかりついているか常にチェックします。ズボンのほうがくたびれやすいので、ジャケット1枚に対しズボン2枚を用意しておくといいでしょう。雨の日や汗をかきやすい日は、ズボンの裾が濡れたり、首回りに汗がしみてしまうことがあります。濡れやしみが目立つ色のものは避けましょう。

【Yシャツ】
白が基本。複数枚用意しておきましょう。首回りなどサイズに合ったものを用意します。アイロン不要のものが便利です。

【ネクタイ】
ストライプなどの定番のものを数本用意しておきましょう。派手すぎる色、太すぎるもの、細すぎるものは避けます。

【靴下】
白は厳禁。黒、紺、グレーまたは茶色が基本です。

【靴・ベルト】
黒でプレーンなものを選びます。就職活動中は沢山歩くので、靴は疲れにくいものを探します。

【バッグ】
黒が基本。A4サイズの書類が入れられるサイズのものを選びます。床に置いたとき倒れず自立するものが便利です。

身だしなみひとつで与える印象はずいぶん違います。また、何社も併行して受けていくとだんだん忙しくなってきます。
機能性(使いやすさや手入れのしやすさ)も考え、納得したものを選びましょう。

就職活動を始める時期

就職活動 業界研究の仕方

就職活動 髪型・服装

  • スーツの選び方(男子学生)
自己分析テストCUBICとは