自己分析.com トップページ >> 自己分析とは >> 自己分析と適性試験

自己分析と適性試験

自己分析の仕方には色々な方法がありますが、適性試験を受けるのは、非常に有効な手段です。
自己流の自己分析の方法だけでは、あなたの主観を元に作られたものなので、企業側からみると「妥当性」「客観性」に欠けたものになってしまい、ともすれば、
ひとりよがりのものになりかねません。
適性検査の結果は企業側からみたあなたの価値観・適職・強みなどがデータによって表されます。この検査結果はあなたの価値観・適職・強みを客観的に裏付けるツールとして、
有効なものになるでしょう。

ここでは、客観的な自己分析ツールとして「CUBIC」(有料)を紹介します。

CUBICの特徴

1;高い導入実績

日本人5万人のデータを元に開発され、これまで3400社以上に導入実績があります。
新卒採用時だけでなく、中途採用・人事異動など幅広く使用されています。

2;「企業向け」ならではの分析内容

「CUBIC」はもともと、企業の幹部・人事部向けに開発されたものです。
適職・部署だけではなく、対象者が「もし職場でストレスを感じたときどんな行動をとるか」、など企業向けならではの情報を見ることができます。
すなわち、「あなたが企業側からみるとどんな人物だと判断するか」ということが浮き彫りになるわけです。こういった情報があれば面接などの戦略が立てやすくなります。

3;短い回答時間

回答時間はたったの20分間。web上で回答することができます。複合因子分析という分析方法を用いているため、短時間の回答時間でありながら、精度の高い分析結果を提供できます。
また、「自分をよく見せたい」と思って回答することができない、つまり回答者が意図して結果を操作しにくい質問構成になっているため、「素の自分に近い」結果が出ることで高い信頼を得ています。

 

自己分析テストCUBICを受験するボタン

自己分析について

自己分析テストCUBICとは