イメージ

就職活動と自己分析

自己分析.com 就職活動内定自己分析は、今や就職活動における必須プロセスとして定着しています。就職活動を終えた先輩方に聞いても、多くの人が就職活動を自己分析から始めたと言うでしょう。そんな当たり前になった自己分析ですが、本当に就職活動に自己分析は必要なのでしょうか?
就職活動の定番ともなった自己分析ですが、もちろん自己分析をしない人もいますし、自己分析をしないでも内定をもらえる人もいます。そしてそんな事例を挙げて自己分析など必要ないという人もいます。本当にそうなのでしょうか?

ではそのような人はどのようにして自分に向いている会社を選んだのでしょうか。どのようにして自分の強みを知り、面接官に自分の強みを伝えたのでしょうか。
自分を知らなくても結果としてうまくいく人もいますが、一生を決める就職活動です。本当に自分に合った会社を選べるように、そしてその会社から内定をもらえる可能性を上げるために、しっかりと自分を知ることが大切です。

自己分析テストを受験するボタン

会社選びにも必須の自己分析

自己分析.com 自分に合った仕事プロ野球選手になりたい!!
そういっている人が必ずプロ野球選手になれるとは限りません。自分のやりたいことと自分に向いていることが必ずしも一致するとは限らないからです。それは会社の中でも同じことで、
私は多くの人と話をしたり交渉をしたいから営業をやりたい
という人が必ずしも営業に向いているとは限りません。だから会社に入る時や人事異動の際に会社は自己分析をさせるのです。

やはり仕事は自分に向いていることをやった方がより力が発揮できより大きな成果を残せます。また自分のやりたいことが決まっているのでしたら、もしそれが今の自分に向いていなくても、足りない能力を意識して磨いていくことで、やりたい仕事でもしっかり成果を出せるようになります。そして、会社もそのように自社でしっかり成果を残してくれる人を欲しがっています
より大きな成果を残せる会社に就職できるように、逆に自分のやりたい仕事を提供してくれる会社に就職できるように自己分析は必須なのです。

自己分析テストを受験するボタン

面接でも活きる自己分析

自己分析.com 就職活動面接「まずは自己紹介をお願いします。」
「大学時代に1番頑張ったことは何ですか?」
就職活動でそう言われて自分の生い立ちを長々と伝えたり、飲み会に明け暮れた学生生活を伝える人はいないでしょう。質問が直接的ではないですが、結局会社はあなたの強みを知りたいのです。そしてその時重要になるのが、あなたが思っている自分の強みと相手が感じるあなたの強みが異なっていることがあることです。

もし面接官が、あなた自身が思っている自分の強みを感じ取ってくれないのなら、もしかしたらそれはあなたの思い込みなのかもしれません。そしてもしそれが思い込みでなく本当の強みなら、その強みを伝えるためには細心の注意と非常なる努力が必要になります。そのためにも、面接の前に面接官を含め自分以外の人にあなたがどう判断されるのか知っておく必要があります。その時に大きな力になってくれるのが自己分析なのです。

自己分析テストを受験するボタン

実績のある自己分析テスト、CUBIC

自己分析テストCUBIC試験結果画面世の中には様々な自己分析ツールが提供されていますが、当サイトで提供する自己分析テストのCUBICは、日本人5万人のデータを元に開発され3,400社以上に導入実績のある自己分析テストです。

複合因子方式により、たったの20分程の短いテスト時間で非常に精度の高い分析結果を提供してくれます。またテスト結果も、研究職に適しているとか企業経営に適している、音楽や文学などの創作活動に適している等の業種における強みから、人事に適している、総務に適している、営業に適している、…と職種における強みまでが具体的に表記されるので非常にわかりやすく、必ずあなたの就職活動の大きな力となるでしょう。

自己分析テストCUBICを受験するボタン

自己分析テストCUBICとは